アーカイブ:2015年12月

* * * * *

X

この〈立ち話〉、始めたころは月に6本も書いていたこともあったけど、近ごろでは大分本数が減っていて、読んでくれている人たちに申し訳なく思っています。言い訳めくけれど、世間が余りにコトバだらけになっているので、ぼくはだんだん無口になってきてるんです。

Xについて何か発言すれば、意見を言えば、自分はちゃんとXを意識している、Xについて考えている、他者に向かってそう言いたい人が、ウエブのおかげで増えているのかと思う。行動はしなくても、コトバにすれば免責される、そんな気持ちがひそんでるんじゃないかな。

で、ぼくは前にも書いたけど,メッセージ性をもったコトバよりも、そこにただ存在しているだけのコトバとしての〈詩〉を夢想している。意外に思うかもしれないけど、詩は本質的に無口なんです。(俊)

* * * * *