アーカイブ:2015年4月

* * * * *

出来立て

散文書くより詩を書くほうが楽だと、前にも書いたような気がする。珍しくちょっと気取ったフォルムで書いた詩を、立ち話代わりに披露します。

書く私
読むあなた
間にいるのは
いくつかの文字
その文字が運んでくる
目に見えない詩というもの

文字がいつの間にかささやく
遠くからあなたの耳に
風と星々と夢の声で
人声にまじって
軽やかに
優しく                (俊)

* * * * *