アーカイブ:2014年11月

* * * * *

映画情報のバナーを設置しました

みなさまこんにちは。
2014年も残り2か月を切ったなんて、信じられない今日この頃です。

さて、11月15日から順次全国公開となる映画、
「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」のバナーを作りました。
当ホームページのトップページに置きましたので、
映画の最新情報は、こちらからご覧ください。

ぜひ劇場でご覧いただきたい映画です。
http://tanikawa-movie.com/

(スタッフ 川口)

* * * * *

多忙

詩や散文を書くのはぼくにとっては、創造的な仕事です。招かれて誰かと対談したり、自作を朗読したりするのも、書くのと同じではないにしても、現場で聴衆と向き合って生で言葉を発するのは、創造的と言える。

でもそれに伴うさまざまな事務的な連絡、たとえば締め切りや文字数の打ち合わせとか、テーマを相談するとか、現場への行き帰りをどうするかとかを、何通もの手紙、何枚ものファックス、何回もの電話で調整するのは、何かを創り出すのとはまったく違って、心身を消耗させます。

創造的な多忙は人を励ますものですが、事務的な多忙は人を寂しくさせる、とぼくは思います。人を生き生きさせる忙しさと、人の心を殺しかねない忙しさ、暇ですることがなくて寂しい老人も多いでしょうが、自分に戻る暇のない寂しさを感じている人も多いのではないでしょうか。 (俊)

* * * * *