アーカイブ:2014年8月

* * * * *

夏のポエメール制作中 「詩集」篇

「夏のポエメール」制作日誌、今日ご紹介するのは「詩集」です。
タイトルは『ごめんね』。
……なーんか、意味深ですね。
夏の終わりに届く詩集のタイトルが、『ごめんね』。
なんかこう、甘酸っぱい感じがしますね。

実はこの詩集に収録されているのは、
俊太郎さんが若い頃にさまざまな媒体に書き、
そのまま個人詩集には収録されることのなかった詩たちが中心です。
未発表の詩ではありませんが、
ほとんどの方が、初めて出会う詩ばかりではないでしょうか。

全部で31編ある詩のうち、4編だけ、今回の詩集のために
新しく書き下ろしてもらいました。
昔書いた作品の中に混ぜたら、最近の作品だけ浮いてしまうかと思いきや、
確かに書き方には変化があるものの、若い頃の作品と同じくらい、
新作もみずみずしい魅力にあふれているのに驚きました。
どの詩が書き下ろしか、当ててみるのもまた一興かも!?

表紙はこんな感じのさわやかな色です。

何ともあざやかな明るいブルー!
「アイリッシュリネン」という、ざっくりと織られた風合いの表紙です。
ぐぐっと近づいてみるとこんな感じ……。

表紙に、あるものをバコッ!と押して仕上げる予定です。
もちろん、こちらの詩集も前々回ご紹介した
特製「ポエメールの箱」に収めてお届けします。
「夏のポエメール」のための特別な詩集、どうぞお楽しみに。

「夏のポエメール」お申し込みは、いよいよ明日8月5日まで。
お申し込みは、こちらからどうぞ。

(スタッフ 川口)

 

* * * * *

夏のポエメール制作中 「旗」篇

俊太郎さんとただいま制作中の「夏のポエメール」。
本日ご紹介するのは、「旗」です。
じゃん!

この、なんとも愛らしいおばけを描いてくださったのは、和田誠さん。
手描きのやわらかな線がなんとも言えないイイ感じ。
ブルーグリーンに白い縁取りがさわやかで、夏の気分にピッタリです。

ひもの部分を棒にくくりつけて「旗」にするのも良し、
絵を飾るように、壁に飾ってみるのも良し。
いろんな楽しみ方が出来そうです。

ちなみにこの色、実際にはもう少しやわらかいトーンになる予定。
これから最後の微調整をして、仕上げていきます!

次回のこのコーナーでは、「夏のポエメール」のために編んだ、
特別な「詩集」をご紹介します。

「夏のポエメール」お申し込みは、8月5日まで。
お申し込みは、こちらからどうぞ。

(スタッフ 川口)

 

* * * * *

夏のポエメール制作中 「箱」篇

いよいよ8月5日の最終申し込みまであと3日となった「夏のポエメール」
現在、粛々と制作が進んでおります!

「もう申し込んだから、早く見たい! もう夏だし!」
「本音を言うと、中身をちょっと見てから申し込みたい!」
そんな声におこたえして、これから何回かに分けて、
制作中の品々を少しずつご紹介していきたいと思います。

今回のポエメールは、「箱」に詩的なあれこれを詰め込んで
お届けするのですが、この箱がまた、すばらしくキレイなんです。
試作品を、ちょっとだけお見せしますと…


じゃん! こんな感じの貼り箱です。
これ、画像では一見普通の箱に見えますが、
今回のポエメールのために、オリジナルでオーダーしたこの箱、
実はかなり精巧に作られていまして、高い技術が必要なんです。
箱の中身にぴったり合うように、寸法や紙の種類、
箱の内側の色まで、専門の職人さんにこまかく調整していただきました。

そのおかげで、今回お送りするポエメールのすべてのアイテムが、
すっぽりときれいに、気持ち良く収まる箱に仕上がりました。

作ってくださったのは、北海道の箱専門会社、モリタ株式会社さん。
実際に皆さまのお手元にお届けするポエメールの箱は、フタ部分に
素敵な「絵」が印刷されていますよ。

次回のこのコーナーでは、和田誠さん描き下ろしによる
「おばけの旗」をご紹介します。お楽しみに!

「夏のポエメール」お申し込みは、8月5日まで。
お申し込みは、こちらからどうぞ。

(スタッフ 川口)

 

* * * * *