アーカイブ:2013年12月

* * * * *

【メルマガ】12月のプレゼント

先日アップした〈チラ詩〉へのご感想など、
みなさまありがとうございます!
〈チラ詩〉、まだまだ広めていきたいと思いますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて、俊太郎さんのメルマガでは、ご応募いただいた方のなかから、
毎月4名の方に俊太郎さんの著書をサイン入りでプレゼントしています。
今日は、12月のプレゼント本をご紹介します。
(プレゼントする本やCDのセレクトは、俊太郎さんによるものです)

【プレゼントその1】
『すてきなひとりぼっち』(童話屋)

 

【プレゼントその2】
『呼吸の本』
共著・加藤俊朗(サンガ)

 

【プレゼントその3】
『生きる わたしたちの思い』
谷川俊太郎 with friends (角川SSコミュニケーションズ)

 

【プレゼントその4】
『おおきなひとみ』
絵・宇野亜喜良 (芸術新聞社)

応募は12月末日まで受付中!
当選者には、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。
なお、今回は年末年始期間に重なるため、
プレゼントの発送は1月初めになります。ご了承ください。

明日はクリスマスイブですね。
メルマガは号外が出る予定です、どうぞお楽しみに! (スタッフ 川口)

*****

〈チラ詩〉できました。

みなさまお元気ですか?

今月15日にめでたく82歳になり、ますます冴えてる俊太郎さんは、
近ごろこんなものを作りました。
その名も「チラ詩」です。

詩はもちろんのこと、レイアウト、テキストまですべて
俊太郎さん自身が企画し、ナナロク社と共同で制作しました。
静かな語り口ながら、情熱と只ならぬ気合いを感じる「チラ詩」。
目的はズバリ、〈まぐまぐ〉で配信を始めた
メールマガジン「谷川俊太郎のポエメール デジタル」の告知・宣伝です。
これまでさまざまな形で詩を届ける試みを続けてきた俊太郎さんですが、
有料のメールマガジンというのは初めての挑戦です。

メルマガでは、現時点では詩集には収録されていない
俊太郎さんの詩(ときどき書き下ろしも!)を毎週1篇お送りするほか、
俊太郎さんがチェキで撮った写真や、読者からの質問に答えるQ&A、
直筆サイン本が毎月4名様に当たる企画などもりだくさん。
「ためしに読んでみるか」と思った方、
「いっしょに遊んでみたいナ」と思った方、ぜひご参加ください!

また、この「チラ詩」設置・配布にご協力いただけるお店の方
(本屋さん、映画館、カフェなどどちらでも)がいらっしゃいましたら、
ナナロク社へぜひご一報ください。
送料はナナロク社負担で、30枚を1セットとしてお送りします。

月4回金曜日配信、月額840円、登録初月は無料です。
12月24日には、メルマガ読者の方を対象に、
谷川サンタから〈号外〉プレゼントがあるとのこと!
どうぞお楽しみに。購読お申し込みは、こちらをどうぞ。

(スタッフ 川口)

*****

寡黙な言葉

紙メディアにも電子メディアにも、言葉が氾濫していますが、ぼくも言葉を使ってお金を貰っている身分なので、全く黙っているわけにはいかない。でもせめて出来るだけ寡黙でいたいと思っています。

その点、詩は言葉数が少ないし、何かを誰かに伝えるというより、言葉を誰かの目の前に置く、とでも言えばいいのか、木で箱を作ったり、土で器を作ったりするような感じで書くことができる。詩を書いている時は言葉の氾濫とはちょっと違った静かな場所にいるような気がします。

でも世の中を変えようと思ったら、声をあげなきゃならないんですよね。黙ってちゃいけないと言われるとたじろぎます。沈黙にも力があると思うのですが、その力が暴力につながるのは性に合わない。寡黙な言葉の微小なエネルギーを信じるしかない。 (俊)

*****