日常

私たちはふだんほとんど意識せずに、寝たり起きたり、食べたり飲んだりしているけれど、そういう日常生活を毎日毎日つつがなくくり返すということは、人間の生きる目的のひとつと言っていいんじゃないか。もっと大きな目的のために日常はあると考える人も、しっこうんこをせずに生きてゆくことはできない。どんな劇的な非常時にも、私たちは結局日々の日常を生きるしかないんだ。

長いあいだ詩を書いていると、詩を書くことも日常生活の一齣になってくる。詩そのものは非日常の世界に属していると思うけれど、書いている私は別にラリっている訳ではない。日々の生活をないがしろにせず、面倒くさがらずに些事をこなすことも、詩を生む土壌につながってると思う。自分のことは棚にあげてるけど。(俊)

* * * * *