あさ

めがさめる
どこもいたくない
かゆいところもない
からだはしずかだ
だがこころは
うごく

めがみる
ゆきがふっている
みみはきく
かすかなおと
ひとじちが
いきをしている
どこかで
いま

だれでも
しっている
いきものはいつか
しぬ
いのちは
いつも
あやういのに
きもちはまぎれる
そらのくもに
そよぐくさきに
うたに
よろこびに

そんな
じぶん
そんな
いきもの
しぬまでの
とき…

しんだあとの
ときへと
こころは
うごく
からだに
しばられながら
からだを
よろこんで
どこも
いたくない
あさ

からだは
ここにいて
こころは
うごく
どこまでも
いつまでも

 

初出『emotion』
* * * * *