岩崎さんのコトバ

詩の形しているコトバを読んで、それが詩であるかどうか議論する必要があるのかどうか、ぼくは疑問に思うようになってます。最近感動して珍しく愛読者カードまで書いてしまった、岩崎航の『点滴ポール』から。

 
くるしいも波

かなしいも波

たのしいも波

うれしいも波

だから漕ぎ続けてる

 
著者が三歳から筋ジストロフィーで、常に人工呼吸器を使っている事実を知らなくても、このコトバにひそむ力と知恵に打たれる。この五行は〈詩〉を書こうとする意識を超えて、コトバが〈生〉からじかに生まれてくる、その現場を感じさせます。 (俊)

 

*俊太郎さんからの愛読者カードは、ナナロク社ブログでご覧いただけます。
*『点滴ポール〜生き抜くという旗印』(岩崎航・著/齋藤陽道・写真)の詳しい紹介は、こちら

* * * * *